今なら初回面談無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-516-264 受付時間 9:00~17:30 (土日祝休業)

メールでのお問い合わせ

よくある質問と答えです。 | 大阪の税理士法人:大阪・京都・神戸・滋賀・奈良・東京・横浜を中心に活動/税務調査/重加算税/加算税/修正申告/突然の税務調査/税理士/税務調査対応

ホーム > よくある質問


今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
自分の半生について、取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人


よくある質問

税務調査は初めてで、とても不安なのですが・・・
弊社では、事前に懸念事項のヒアリング、対策の検討、当日のシミュレーションなど、入念に打ち合わせをさせて頂いております。もちろん、調査当日も最初から最後まで現場に立ち会い、全面的にバックアップさせて頂きます。
今、まさに税務調査中で顧問税理士に対応してもらっているのですが、これまでのやり取りにどうも納得できません。今からでも立ち会いをお願いできますか?
もちろんです。現在、税務調査が進行中の場合でもお引き受けできます。初回面談は無料とさせて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。
うちの会社はしょっちゅう税務調査の対象となるのですが、何か対策はありませんか?
弊社は調査の2大目標として、「限りなく追加税額を減らす」ことと「真面目な納税者と印象付けること」を掲げています。会社経営をしていく限り、税務調査とは長いお付き合いとなりますが、「真面目な納税者」と印象付ければ、次の調査を遅らせることも可能です。当社では、調査当日の対応はもちろんですが、その後の交渉も含め、できる限り次の調査を遅らせるために、様々なノウハウやテクニックを使っています。
今まで税金の申告は、友人の資格のない方に低料金でやってもらっていました(はずかしながら、内容は適当です)。このたび、税務署から連絡があり、税務調査を受けるのですが、対応してもらえますか?
もちろんです。過去の申告状況、事業内容など経緯をお伺いした上で、問題点を整理し、対応策を一緒に考えていきましょう。今後の経理処理や申告などについてもお気軽にご相談下さい。
私はサラリーマンでネット関係のサイドビジネスを妻の名前でしているのですが、確定申告はしていません。税務調査になれば、脱税でつかまってしまうのでしょうか?
過去申告していなかった所得に対しては、期限後申告をした上で税金を支払う必要がありますが、申告納税すれば脱税でつかまることはありません。今後しっかりと申告納税される決意があれば、弊社は全面的にバックアップさせて頂きます。
今日、いきなり税務調査官がやってきました。妻とともに、パニックになっています。どうしたらいいですか?
現金商売をされているケース等では、無予告の調査が行われる場合があります。別に逮捕されるわけではありませんので、まずは冷静に対応して下さい。弊社は過去にそういった無予告調査に対応した経験がありますので、ご一報頂ければ状況に応じて対応させて頂きます。
税務調査を受けると、必ず追加税額を取られますよね?
いえ、そんなことはありません。修正なし、追加税額なしの申告是認の調査もあります。弊社が対応した調査でも、申告是認又はごく少額の修正で終わった例はたくさんあり、決して珍しいことではありません。
税務調査を早く終わらせるコツはありますか?
調査当日にはできるだけ調査に協力し、資料を速やかに提出するなどすれば、調査が短くなる可能性は大いにあります。税務署も決して長引かせたいと思っているわけではありません。弊社ではそのあたりも、相手の状況を見ながら上手に交渉しています。
税務調査当日の注意点を教えて下さい。
弊社では、調査当日の心構え3ヶ条(オリジナル)として、「普段通りで」「聞かれたことだけ答える」「わからないことはわからないと言う」の3つをお伝えしています。これができるだけでも、調査がかなり穏便に進みます。
私は内科の開業医ですが、税務調査の当日は朝から晩まで私が同席していなければならないのでしょうか?
いいえ、一日中同席して頂く必要はありません。税務調査は通常1~2日で、午前10時から午後4時半頃までというパターンが大半ですが、そのうち可能な時間帯のみ同席頂ければ問題ありません。あとは、弊社で対応させて頂きますので、ご安心下さい。
税務調査で重加算税がかかると言われています。重加算税になるとどうなるのですか?何か対応方法はありますか?
会社が隠ぺい又は仮装していると税務署が判断した場合には、35%(無申告の場合は40%)の重加算税が課税されることがあります。税務署員は、税務調査で重加算税を課税できると、人事考課に大きく影響することから、積極的に重加算税を課税しようとしてきているようです。ただし、重加算税は、隠ぺいや仮装の事実がないと課税できませんから、こちらとしては、その点を徹底的に争っていきます。
税務調査の予定があるわけではないのですが、今の顧問税理士では納税者側に立ってきちんと対応してもらえるか不安です。こんな場合でも相談に乗ってもらえますか?
もちろんです。これまでの税務調査での指摘事項や申告内容、現在御社が抱えている懸念事項などを踏まえた上で、次回の税務調査で指摘を受けそうな項目を整理し、対応策をご提案させて頂きます。
何か税務調査対策のマニュアルのようなものはありませんか?
税務調査の事前対策や当日対応を含め、弊社ではオリジナルの税務調査マニュアルを用意していますので、ご安心下さい。
税務調査の対応をお願いした場合、料金はどれぐらいかかりますか?
会社の規模、調査内容、修正申告の内容等によって異なりますが、料金はご契約時30万円~、税務調査終了時10万円~となります。
御社と契約した場合、税務調査の内容などの情報が他に漏れるようなことはありませんか?

秘密保持や個人情報保護などについては、弊社では従業員含めて厳重な取り扱いをさせて頂いておりますので、ご安心下さい。また、税理士には税理士法第38条により秘密保持義務(守秘義務)が課されています。

(秘密を守る義務)
第38条 税理士は、正当な理由がなくて、税理士業務に関して知り得た協密を他に洩らし、又は窃用してはならない。税理士でなくなった後においても、また同様とする。
とにかくどんな手段を使ってでも、税金を減らしてくれるんですよね?
追加税額を減らすことに全力を尽くしますが、お客様に脱税思考や今後、真面目に経理をされる意思がない場合等は、弊社のモットーにそぐわないため、お断りさせて頂いております。

最新税務調査ニュース

過去の記事

新着情報

過去の記事

マスコミ掲載情報

過去の記事


このページの先頭へ